【ダイエットブログ】危険な「国立病院ダイエット」 - 教えて!簡単ダイエット方法【ダイエット体験談、食品、注意、失敗談】

スポンサード リンク

【ダイエットブログ】危険な「国立病院ダイエット」

ダイエットブログ | 方法/失敗談/食品


「国立病院ダイエット」というダイエット方法を、耳にしたことがあるかもしれません。
これについては、いろいろ調べてみると、そもそも提唱者が不明だったり、不可解な点が多く見つかったりします。

このダイエット方法を実践した人の体験談です。

この人は、なんとか3日間は我慢して乗り切ったみたいですが、4日目ぐらいから、血糖値が急激に下がってしまい、震えが起きるなどの体調に異変が発生したそうです。
また、結果としては、確かに痩せはしたのですが、それ以上にやつれてしまい、決して「スタイルが良い」とは言えない姿だったそうです。

「国立病院ダイエット」は、デンマークの国立病院で提唱されたという説や、肥満治療を行なっているアメリカのメイヨークリニックが提唱したという説がありますが、提唱者が誰なのかは、はっきりとはわかっていません。
日本の国立病院でも、このダイエット方法との関係は否定しているようです。

それでは、「国立病院ダイエット」とは、どのような内容なのでしょうか。

このダイエットを行なうのは2週間で、決められたメニューのみ食べ続けます。
そうすることにより、体内組織に化学変化を起こして、太りにくい体質へと変化していくそうです。

しかし、その主なメニューというのが、ゆで卵、グレープフルーツ、ブラックコーヒーで、栄養的にかなり偏ったものとなっています。
また、実際には、体内組織が化学変化を起こすなどということはあり得ないようです。

このように、このダイエット方法は、かなり疑わしい方法だと思われます。

この「国立病院ダイエット」以外にも、危険なダイエット方法というのはまだまだあります。
提唱者が不明であったり、その内容に不可解な点があったりというようなものは、実践しない方が身のためでしょう。

体調を崩してしまったのでは、せっかくの努力も水の泡になってしまいますよ。



危険なダイエットカテゴリの最新記事
2008-08-06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサード リンク

Copyright © 教えて!簡単ダイエット方法【ダイエット体験談、食品、注意、失敗談】 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。