食事の好みを変えて上手にダイエット - 教えて!簡単ダイエット方法【ダイエット体験談、食品、注意、失敗談】

スポンサード リンク

食事の好みを変えて上手にダイエット

こってりしたものや濃い目の味付けが好きな人、甘いものには目がないという人、つまり「高カロリーの食べ物」が好きな人にとって、ダイエットでそれらを我慢するというのは、とても大変なことだと思います。

食べたらダメだとわかってはいても、それまでの食生活で慣れてしまった味の好みは、簡単には変えることは出来ないものでしょう。

糖尿病の治療過程で食事制限を行なう場合は、2週間を目途に、食事の味付け、内容などを少しずつ変えていくそうです。
逆に考えると、2週間かければ、薄味の料理や油分を控えた料理にも慣れることができるということです。

このような高カロリーの食事が好きな人が、ダイエットを始めようとする際には、まずは2週間、それまでの食事の偏りや内容を見直してみて、薄めの味付けでカロリーが低い食事をするようにしてみましょう。
また、調理の仕方なども工夫して、カロリーや油を出来るだけ減らすように心がけましょう。

そして、ぜひこの期間に活用してもらいたいものが、「カロリーブック」と「食事の内容を書き残す日記帳」です。
食べた物を日記につけておくことで、その日に何を食べたのかがよくわかります。
またそれと同時に、日記に書きとめておくことで、お菓子などのちょっとして間食をしたくなったときに抑える効果もあります。
カロリーブックは、普段何気なく食べていたものが、どれだけ高カロリーなものかを気づかせてくれるので、食事を見直すのに役立つはずです。

少しずつさっぱりとした味に慣れていくことで、食事の好みを変えていくことが大事です。
ほとんど味付けがない状態でも、素材そのものの味だけで、充分おいしい食べ物は、たくさんあります。
そのようなことも利用しながら、さらに自分で食べやすいように工夫してみると良いと思います。
嫌々辛い思いでダイエットをするより、楽しみながらダイエットできるといいですよね。



 

2008-07-07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサード リンク

Copyright © 教えて!簡単ダイエット方法【ダイエット体験談、食品、注意、失敗談】 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。